トップページ

■情報を知る

建築緑化・空間植栽のメリット ハイドロカルチャーとそのメリット 各種の緑化システムのご案内 施工事例のご紹介 緑化・植栽のサービス体制のご紹介 設計・企画・プレゼンテーション作成のご案内

■相談依頼をする

設計・施工・提案作成のご相談フォーム

■サポート

サイトマップ 会社概要 プライバシーポリシー サイトについてのお問い合わせ


グリーンのレンタルはこちら

Plants Network Group

観葉植物の生産・販売

植栽・緑化の施工はこちら

株式会社プラネット

Good Design Award 2008 受賞

〜野菜農場と消費者との

リレー栽培サービス〜

ベジタクルドットコム
・コンポガーデンシステムとは 
・コンポガーデンシステムを使った施工事例 





コンポガーデンシステムは、専用のコンポガーデンプランターに、植物の植わったカセット式の内容器をセットして、植物を配置していく植栽システムです。
プランターには、天板が設けられており、22φ容器(主木)用と11φ容器(下草)用の穴がいくつも開けられています。この穴にお好みの植物の植わった容器をはめ込むことで、簡単にプランターの寄せ植えを作ることができます。
プランターを並べることで、大きな面積の植栽を作り出すことができます。
潅水はプランター底面に溜まり、毛細管現象によって用土全体へ充満します。

施工がとても簡単です

基本的には、プランターを設置して、植物の鉢をセットするだけで施工が完了します。工期の短縮が図れます。
※ 自動給水の場合は、給水ポンプ・給水管・水位センサー・連結金具などの
 設置を行います。

室内・屋外どちらでも設置が可能です。

床の防水は要りません。
水を通さないFRP樹脂製プランターなので、室内・屋外どちらでも設置することができ、また設置箇所の防水処理を行う必要がありません。
室内では、カーペットの上に置くこともできます。

自由な植栽レイアウトができます

角型(正方形)とイチョウ型(1/4円型)の形と、サイズは1mと50cmがあります。その並べ方で様々なプランに対応できます。

コンポプランターに、お好みの材質と意匠の外枠(化粧仕上材)をつければ、空間の質感を損なうことなく設置することができます。

プランターの移動が簡単です

普通のプランターは用土がぎっしりと詰まっており、重くて動かすのは大変ですが、コンポガーデンプランターは内部空洞であり、植物も内容器ごと一時的に抜き取ることができるため非常に軽量になり、移動がとても簡単です。レイアウトの変更が容易にできます。

植物の交換が簡単にできます

植物の容器をカセット式に設置するシステムなので、植物の交換が簡単にできます。
交換や抜き差しの際も、用土を掘り返す必要がないので、周囲を汚しにくく。メンテナンスなども楽に行えます。



このため季節や目的に応じた植栽の変更や、育成した植物を他の場所で使う・戻すといった循環型の利用が可能です。
>>循環型緑化システムについて知る  CLICK HERE >> 

強風への対策も万全です

屋外、特に屋上緑化における不安要素のひとつに、台風時等の強風による植物の転倒や枝折れ、葉や用土の飛散があげられます。

コンポガーデン天板の穴は、専用の内容器がしっかりとフィットする形状になっています。さらに背の高い主木用の穴には、天板裏側に支持板があり、より高い安定性を与えて日常的な転倒から植物を守ります。

事前に強風の恐れが把握できている場合は、支柱を設置し防風ネット(寒冷紗)を掛けて固定することで、植物をプランターごと守ることができます。
※支柱を取り付ける金具は施工時に固定しておきます。

さらに風が強い暴風時には、内容器ごと植物をプランターから抜き出して、安全な室内へと避難させることができます。

このページのトップへ

▼ プラネットコンポガーデンシステムを使った施工事例 ▼

・Case No.001 複合商業施設 屋上テラス 

・Case No.002 カフェ 屋外テラス 

・Case No.003 リゾートホテル ホール吹き抜け 

・Case No.004 レジャー施設 屋外休憩スペース 

・Case No.005 公共施設 屋上 

Case No.001

屋上緑化

複合商業施設 屋上テラス

場 所:東京都千代田区
施工年月:2007年 7月


※画像をクリックすると拡大してご覧いただけます
東京駅前の再開発として、オフィスとショッピングエリアが一体となった「丸の内オアゾ」の屋上テラス。その一角に働く人・訪れた人々の憩いの場グリーンスペースとして設置されました。
様々な植物が育成されており、都心にありながら四季折々の表情を楽しむことができます。
ハイドロカルチャー栽培のため土泥の流出がなく、ウッドパネルのデッキに直接プランターが置かれています。
 

事例トップへ 事例一覧へ

Case No.002

屋外植栽

カフェ 屋外テラス

場 所:沖縄県那覇市
施工年月:2007年 7月


※画像をクリックすると拡大してご覧いただけます
南国沖縄の心地よいカフェの屋外テラス席に設けられた植栽プランターとして。コンポガーデンプランターを木枠で覆うことで、ウッドデッキやテーブルなど質感とコーディネートしています。
頻繁に訪れる台風への対策として、防風ネットを用いた囲いの設置が用意されていますが、さらに強風の場合には、内容器ごと植物をプランターから抜いて、安全な室内へ避難させることができます。カセット式のコンポガーデンだからこそ可能な対処法です。
 

事例トップへ 事例一覧へ

Case No.003

室内植栽

リゾートホテル ホール吹き抜け

場 所:沖縄県北谷市
施工年月:2004年 4月



※画像をクリックすると拡大してご覧いただけます
この沖縄のホテルでは、熱帯の植物による植栽がふんだんに取り入れられており、より一層リゾート感を演出しています。
ホテルの中央には最上階まで続く巨大な吹き抜けがあり、そのホールの中央には5mを超える高木を含む様々な観葉植物が植え込まれた植栽が設置されていて、コンポガーデンが使われています。トロピカルガーデンを室内に持ち込んだようなこの大ボリュームのグリーンは、吹き抜けを取り囲む全階の客室通路から見下ろすことができます。
 

事例トップへ 事例一覧へ

Case No.004

屋外植栽

レジャー施設 屋外休憩スペース

場 所:愛知県蒲郡市
施工年月:     


※画像をクリックすると拡大してご覧いただけます
レジャー施設に設けられた屋外の休憩スペース。2mほどの中木を植えれば、目隠しやパーテーションの役割を果たします。
施工は、プランターを組み合わせて並べ、植物容器をセットするだけなので、簡単かつ短期間ででき、移動やレイアウトの変更も可能なので、短期のイベント会場の設置などにも適しています。
植物の交換も簡単なので、季節やイベントに合わせた植栽が手軽に行えることもコンポガーデンシステムの利点です。
 

事例トップへ 事例一覧へ

Case No.005

屋上緑化

公共施設 屋上

場 所:沖縄県沖縄市
施工年月:2007年 6月


※画像をクリックすると拡大してご覧いただけます
芝生埋め込み型でコンポガーデンシステムを設置しました。
コンポガーデンを芝生に埋め込むことで、自然庭園に近い景観を作ることができます。緑化面積も確保したいが、屋上に人の出入りがあり、芝生だけの屋上緑化では物足りないという物件に、とても適しています。
プランターの移動はできなくなりますが、植物の抜き差しや交換は可能です。屋上のコンポガーデンで育てた植物が、花が咲くなど見ごろを迎えたら、室内に移して観賞し、花期が終われば再び屋上に戻して育成するという循環型緑化の利用がお勧めです。
 

事例トップへ 事例一覧へ

緑化システムのご案内へ このページのトップへ 施工事例のご紹介